おしりにブツブツのニキビが出来る原因と解決方法

お尻はツルツルであった方が見た目もキレイですし、ビキニを着たときも自身を持つ事が出来ますよね。だから、美尻を目指すためにもしっかりとお尻をケアをする必要があります。

お尻にニキビが出来やすい原因とは?

ニキビが出来てしまう場所として最も多いのは額を含めた顔ですが、おしりにも出来てしまうことが少なくありません。そもそも、ニキビが出来るのは毛穴に皮脂が詰まったときにアクネ菌が繁殖してしまうためです。実は、おしりは皮脂の分泌量が多く、アクネ菌が繁殖しやすい場所でもあるのです。

特に、椅子に座っている時間が長い人は注意が必要です。椅子に座っているときは体重のほとんどをおしりで支えることになり、刺激によって皮膚が角質化しやすいのです。

角質化すると毛穴をふさぐことになり、結果として皮脂が詰まるのと同じ状態になってしまうのです。また、おしりに体重を掛けている時間が長いと粉瘤やおできも出来やすくなるため気をつけましょう。

注意していたにもかかわらずおしりにニキビが出来てしまった場合は、適切な対処をすることが大切です。

お尻ニキビを改善する方法とは?

間違った方法で治そうとすると治りが遅くなったり逆に悪化することがあり、跡が残ってしまう可能性があります。まず、原因である椅子に座り続けることを改善します。

ニキビが出来てからも椅子に座っていると、ニキビが圧迫されて治りづらいのです。加えて、座り続けることで蒸れが発生するため衛生的にも良くありません。

とはいえ、事務仕事をしている人などは椅子から離れることが難しいので、定期的に立ち上がって休憩を取ったり、前屈みになって太ももや足に体重を分散させましょう。

また、細菌を繁殖させないために清潔な衣服を着用することや、お風呂では優しく洗うといった基本的なことも忘れてはいけません。

おしりにニキビが出来るのは肌が角質化してしまうことが原因です。角質化を予防し、それでもニキビが出来てしまったら適切な対策を取ることで解決できるのです。

また、ニキビが出来ている人は、お尻がザラザラとした人も多いです。同じようにお尻用のケア商品を使うのもいいですよ!

お尻のザラザラにお勧めのクリームはこちら